腎臓病は早めに治療を受けよう【早期発見で素早く改善】

病棟

腎臓の機能が低下した場合

先生

腎臓が悪くなる原因

腎臓病になる大きな原因は、主に暴飲暴食などを続けてきた食生活です。昔は、先天的な原因で腎臓病になる方が多かったですが、今は糖尿病からの合併症の方が多くを占めています。透析をしている患者の中でも糖尿病性腎症の方が最も多くなっています。腎臓はタンパク質の代謝をして排泄している働きがあります。そこで、長い間余分なタンパク質を摂りすぎていると、腎臓が対処しきれなくなり腎臓の機能が低下していきます。腎臓が機能低下していても自覚症状はあまりありませんが、尿量の変化や、色などが変わり気付く場合もあります。腎臓は一度機能が低下したら回復することはありません。これらの変化が見られたときは、腎臓病が疑われるため医療機関に相談しましょう。

食事で気をつけること

腎臓病と診断された場合は、医師と相談しながらその人に合った腎臓病の食事をとることになります。腎臓病の食事制限は主にタンパク質と塩分制限になります。そこで、透析等をしている場合は水分制限などもあります。腎臓病の食事は考えることも作ることも大変です。まずはこれ以上腎臓に負担をかけないためにタンパク質を控えめにします。肉や魚などはタンパク質が多いので量を減らして食事をとります。しかし、食事のカロリーが減っては更に腎臓に負担がかかってしまうのでカロリーは維持するようにします。揚げ物を多くしたり、ドレッシングなどでカロリーを補い、肉や魚を少なくしてもカロリーは維持出来るように食事作りを行います。主食であるご飯や麺類もきちんと取りましょう。いまは医療機関で食事療法が行われることもあるので、何か分からないことがあれば相談しましょう。

高齢者の療養生活を支える

看護師

世田谷区では高齢者人口の増加とともに、介護を必要とする高齢者も増えてきています。在宅医療サービスを行うクリニックでは、定期的に訪問をして、さまざまな医療行為を行いながら、高齢者たちの療養生活をサポートしています。

» 詳細を読む

非常に重要な診療科

病棟

循環器科は心臓と血管の病気を専門とする診療科です。内科と外科に分かれていますが、小規模な手術ならば内科で行います。血管の病気、動脈硬化は様々な重大な合併症を引き起こします。そして動脈硬化の進行は喫煙や偏食等、生活習慣に関わりがあります。それらに該当する人は、大事に至らぬ前に循環器科を受診すべきです。

» 詳細を読む

早期発見が大事ながん

女性

がんは早期発見すれば完治する病気です。しかし早期発見が難しいがんもあり、すい臓がんもその1つです。ただし胃や背中が重苦しく感じ、体重が減少する時は早めに医師の診察を受ける必要があります。治療は外科手術ですが、抗がん剤治療や放射線治療も行われます。すい臓がんの危険因子で注意が必要なのは喫煙です。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 腎臓病は早めに治療を受けよう【早期発見で素早く改善】 All Rights Reserved.